なぜ私がダイエットを開始したかをお伝えしようと思う。
それは、ひょんなことからスタートしたんだ。

別に一世一代の恋愛に破れた訳でもなく、
誰かにクソミソに容姿のことでディスられたのでもなく、
さりとて釈迦のように瞑想や、修行にいそしもうと思った訳でもない
福士蒼汰のようになりたいと思ったわけでもない

きっかけは、一冊の本である。

『炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学』
著:夏井睦 光文社新書

この本をネットショップで注文し2018年9月21日に届いた。

なぜ星の数ほどある本の中からこの本をセレクトしたかなんだが、
常々、私は以下の疑問を抱いていた。

・胃の消化酵素で、酸性とアルカリ性があるらしく、酸性が消化する食べ物とアルカリ性が消化する食べ物を、胃の中で、または食卓で混ぜてはいけないは本当か?
時間帯はいつ食べるのが理想なんだ?
三大栄養素って一体何なの?
肉や魚って体にいいの?魚はいいとおもうけど、肉って実際どうよ
コーヒーってどうなの?身体にいいの?悪いの?

以上のように書くと、科学的見地から、人類のミステリーを解明したいみたいな崇高な疑問を抱いていると思いがちだが、ざっくり言うと、小学生のような素朴な疑問が常々あったんだ。

歳をとればとるほど、なぜか学問に興味が湧いてくる。特に、生物や、化学科学数学物理学は、なぜ高校の時、もっとちゃんとやっておかなかったんだという後悔でいっぱいである。ま、過去を憂いても仕方がない。未来をつくろう。

でね、そういった漠然とした問いがあった時に、上記の本に出会ったんだ。
気づいたらポチッと押してたね。お買い物カゴに入れた。

「炭水化物が人類を滅ぼす」ってキャッチコピーが強烈だよね。コピーライター日和に尽きるよね。
私には、恐ろしいほど刺さったんだ。コピーがね。

本ってすごいよね。出会いだよね。

出会いってとっても大事だと思った。
私が考える出会いってのは大きく3つあって
・場所
・人
・本

場所
引っ越ししたら、環境が変わる。仕事を変えてもオフィスなどの場所が変わり、環境が変わるため、自分も変わりやすい。
なので気分転換には引っ越しや転職が最もいい。根本から変わるからだ。


一般的な”出会い”と言った場合、人との出会いを指すだろう。
場所ともリンクしているが、場所が変われば出会う人も変わる。
もちろん現在の生活空間でも、自分が意識すれば、出会う人を選択することが自分の意思で出来る。
強烈なインスピレーションは、人間から来るから、人との出会いは最重要だ。

恋愛など、世界の有名な物語は人が主軸だ。


本はいいよね。人間のように裏切らないし、嘘つかないし。たまにスカスカな本があるけど、そこは置いといてね。
顔面を殴られるような、確か芥川龍之介がハンマーでどつかれた衝撃のような・・・とか記したとか言っていたな、そんな衝撃を受けるのが本だ。
また姿勢が自然に正して読む本もあるよね。崇高っていうか、高尚っていうか。神聖な気持ちで読む本もある。

出会いってのは情報だよね。

情報の中に場所や人、本が含まれる。

出会い = 情報 = 場所、人、本

なのである。

そして、現在はインターネットの世界で繋がっていて、人と本は特にインターネットの恩恵がすごくて、私のように「炭水化物が人類を滅ぼす」の本を知ることができたわけだ。

とは言っても、自分がどのアンテナや興味があるかで、選択が異なってくるから、自分の素朴な疑問っていうのがすごく大事だよね。

あなたが私のサイトにたまたま出会って、興味が湧いたり、今抱いている疑問が解決できたりしたら私はとっても嬉しい。

「炭水化物が人類を滅ぼす」を読んだ私は、なぜかダイエットをやりたくなってきた。
最初はダイエットをやろうと思って読んだんじゃないんだよ。
でも読了後は、ダイエットやろっかなーって思ったんだ。不思議だよね。
糖質抜こ、ダイエットにもなるし一石二鳥じゃん、って単純に思ったのが、私のキッカケなんだ。

では私がダイエットやろう!って決意してどういう”こころ”の推移でよーいドンしたかは、次の記事で書こう。

また「炭水化物が人類を滅ぼす」についても詳しく書こうと思う。

さんきゅー