心の推移、ダイエットを始めるまでの過程について考察する。

・いつダイエットを決意したか
・どのように実行に移したか
・その間の心の準備はどうなのか
・最後の晩餐は何を食べたか

などを丁寧に洗っていき、あなたにダイエットに役立つ情報を提供していこう。

私が辿った心のプロセスはこうである。

1、きっかけ

2、やってみようかな

3、決心

4、心の準備・スタート日設定

5、思い残すことがないよう最後の晩餐

6、スタート

1〜6を経て、船出にでた。


ところで、脳の働きは4つに集約される。

まずはここを押さえてほしい。ダイエット以外でも使えるので重要性がMAXで高い。

準備:ビビっとくる。アイデアという。
意志:それを否定するかどうかが我々の選択だ。
知覚:未来を知覚し、目標を想定し、計画を逆算する。
運動:行動する

脳の働きをリンクさせながら、心の推移を見て行こう。

1,きっかけ
脳でいう準備の段階である。
脳は常にゆらぎがある。その中でも、最もインパクトに残ったものが、きっかけとして現れる。
バコーンとハンマーで殴られる感じだ。こればっかりは運命も左右する。勿論、後述する選択の意志はあるが。
私の場合は2018年9月21日に届いた『炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学』を読んだのが、非常に大きなきっかけだ。

隕石がいきなり住み慣れた街に落っこちてきたようなものだ。見慣れた海岸で、ある日いきなり、クジラが浜辺でドーンと出現した感じだ。いきなりペリーが浦賀に出現した感じだ。

衝動が大きいほど、反作用があるのかわからないが、感情をグイッと強く動かされたもの程、強い原動力になるのだろう。

2、やってみようかな
脳でいう意志の段階である。
脳の中で法案を通すか、否決するかだ。
そのまま何も考えなければ、通すが、否定できるのが人間の特権らしいのだ。
驚きだよね。いいやつを選ぶんじゃなくて、否定するかどうかがフォーカスされるポイントなのだ。
「やってみようかな」は「やらないでおこうかな」のフィルターで、ろ過されたものである。

3、決心
同じく、脳でいう意志の段階である。

私で言えば、「炭水化物が人類を滅ぼす」を読んで、強い衝撃を受けた。最初はダイエットをしようと思い買ったのではなく、健康の知識について知りたかったのがそもそもの理由だった。
だが、糖質制限のダイエットが紹介されてて、いかにも楽そうで有効な手段で身体にいいとあっては、試さざるを得ない。失敗しても損はないからだ。
読んでてデメリットはないので、即座にダイエットをしようと決意した。

次に述べる知覚の段階でもキャンセルはできるので、この決意の部分は速く処理するように常に心がけている。仕事ができる、できない、優柔不断かどうかの分岐点はここだと思うからだ。
IT長者のように、決断は早くしたい。そっちの方がカッコいいから。今時でしょ。あなたもそう思わないか。孫正義の「やりましょう」のような感覚だ。

4、心の準備・スタート日設定
脳でいう知覚の段階。
未来を思い描くのである。
スリムになりたい!!! まずはそれだけである。
その後に健康になりたいがついてきた。

スリムになってモテたい。チヤホヤされたい。人から重要視されたいが根本的な欲望だ。
そして健康になりたい、生活習慣病を改善したい。パーフェクトな身体を手に入れて、強いパワフルなエネルギーで生活したい。ってのが後にきた。

本当は、健康になる→それから副作用としてスリムに思われチヤホヤされる。
ってのが正しい考え方なのだけれど、やはり未熟で煩悩の塊の私としてはスリムになってモテたいが先に来るのが、人間のサガなのかもしれない。

健康って当たり前のように存在しているので重要性の意識が薄らいでいるんだよね、きっと。
本当は空気が一番大事なんだけど、空気は当たり前にあるので重要さがわからないようにね。

目標を想定し、計画を逆算する。
「予測」とも言うんだ。

まず、なりたい未来は簡単に言うと、スリムになる。健康になるだ。
これは目的っていってもいいんだね。
つまり未来=目的だ

そして次に目標を想定するって思考に入るんだ。

目標っていうのは2つあるんだ。
なりたい状態の数字と期日だ。
両方数字で表すってのがポイントだ。

状態:ダイエットで言えば理想体重のこと。
私で言えば、身長から見た平均体重の求め方の公式や、今まで過去にいいなぁと認識していた自分の経験則から求めるのである。

私の場合178cmであり、身長は変わらないので、体重を設定する。
※身長を変える方法があるかもしれないが、今回はやせることにフォーカスを置いている。

私の理想体重は一番やせている時で65kg、お腹がいっぱいの場合は68kgである。
つまりどんな時でも65kg〜68kgに入っていれば大満足である。
もちろん、あの筋肉をつけたいなどのオーダーはおいおいに設定するとしてね。
ま、今回は目標体重は68kgと設定することにする。
68kgの”8”って響きが素敵だからだ。目標は素敵な方がいいよね。

問題は期日なんだが、焦らずに行こうと今回思ったから、あえて設定していない。
期日を設定しない方が、逆にうまく、ストレスを回避しながら達成できると思ったからだ。

だが、また後日書くが、一週間で0.5kg落とせば問題ないと思っている。

期日は設定していないが、実際にダイエットを開始してから、常に中間目標や小目標、日々の目標などを自然に意識するようになるから、この段階ではざっくりとしている。

計画で最も大事なのはいつからスタートするかだ。
私の場合は9月25日の火曜日からダイエットを開始することを決定した。

9月21日(金)本が届き、読み感銘を受ける。
9月22日(土)やろうって決意する。25日に開始はここで決定
9月23日(日)あと二日しかないワクワクとやり残したことを模索する。
9月24日(月)なぜか秋分の日で休み みそぎの日
9月25日(火)ダイエット開始

5、思い残すことがないよう最後の晩餐
脳でいう知覚の段階。
糖質を節制するため、好きなものを食べる。
毎日こんな日が続けばいいなあと切に感じた。
次の記事で詳しく述べる。

6、スタート
脳でいう運動の段階である。
ここでは行動ともいう。

ようやくダイエット開始だ。
企業のプロジェクトもそうだけど、大概のことは実際に始動した段階で、もう8割は決まっていると思うんだ。
段取り有りき、である。

以上、1〜6のステップを通じて、心の動き、実際にダイエットを始めるまでの過程を見てきた。

ぜひ参考にして、あなたのダイエット戦略に取り入れてほしい。

仕組みさえ知っていれば、面倒くさい手続きから解放され、あなたはすんなりと楽にダイエットを開始し、自由自在に構築することができる。