あなたは直ぐにやせたいと思っているだろう。
とてもわかる。そりゃ、今の自分が嫌だから、変革したいからダイエットを始めたわけだ。なので、すぐに変わりたいというのが人情であろう。

しかし、焦りは禁物である。
早くやせたいと思うと、早く結果がほしいと考え、少しでも自分が予定していた日時にやせないとイライラして、ダイエットそのものをあきらめてしまい、ドカ食いしてしまうからだ。

ストレスをためずにやせる、というのがポイントだ。

とは言いながら、ダイエットを始めたキッカケが、
あの娘を振り向かせたい
あいつを見返してやる
今の生活習慣病をどうにかしたい
汗、臭いをすぐに無くしたい

など、結果がすぐに欲しい気持ちもわかる。

その気持ちはとても大切だし、ダイエットを達成しようとする貴重な原動力となる。

しかし、考えてほしい。
今のあなたの体重や体型は、一朝一夕で出来上がった訳ではなく、何年、何十年の習慣の積み重ねが、現在のあなたなのである。

つまり、悪い習慣の長い積み重ねが、今のあなたなのである。
ということは良い習慣の長い積み重ねが、理想のあなたになる方法なのである。

 

ダイエットを始めたキッカケは重要だが、正直に言ってしまえば、理想の体型になった後、または理想の体重になりつつある段階では、もう最初のキッカケはどうでもよくなるので、正直ダイエットの途中からは必要ない。
なぜかというと、理想の体重になった際に、新しい考え方、感性が芽生えるからだ。

最初のスタートアップの時だけ、キッカケが必要なのである。

良い習慣の長い積み重ねがダイエットを成功させるコツなのである。

例えば、あなたが理想体重68kgになりたいと仮定しよう。
私はいつまでに68kgになりたいという期日は必要ないと思っている。

いわゆる理想の体重の”コンフォートゾーン”さえあなたの考えにインストールされれば、期日関係なしに達成できるからだ。

それに期日を設定しないほうが、ストレスを溜めないで、良い習慣をずっと続けることができるからだ。

理想は良い習慣を続けていたら、勝手に理想の体重になっちゃった、っていうのが理想である。

習慣が先、理想体重が後なのである。

とはいえ、体重を落とす目安がほしいという気持ちもわかる。途中の段階で成果が見えないと、気持ちがゲンナリするからだ。

そこで、一週間に0.5kgやせることを目安としよう。

一週間に0.5kgは少なすぎる、全然効果がない。そんなの1日の体重の変動の枠に過ぎないじゃないか、とあなたは思ったであろう。

ズバッと言うと、良い習慣を続けるということがどんなに大切かっていうことを、あなたはまだわかっていない。

単純計算で
一週間で0.5kg
二週間で1kg

ここまではわかるよね。
で、ここから聞いてほしいんだ。

三週間で1.5kg
四週間で2kg

あなたは1ヶ月で2kgしか落ちないと思ったであろう。
ここからよく考えてほしい。

2ヶ月で4kg
3ヶ月で6kg
6ヶ月で12kg

どう?あなたは現在の体重から12kg落とせたら嬉しいだろうか。でもまだ理想体重になっていないから、途中の段階だから素直に喜べないというあなた。心配ご無用だ。

もう理解してきたと思うが、
1年で24kg
1年6ヶ月で36kg
2年で48kg落ちるんだ。

どうよ、すごくない?
私が最初110kgからスタートしたので
1ヶ月に2kgずつ落とすと、2年後は62kgになっている。

もっと落としたいって人は更に年月を重ねたら、勝手に理想体重にたどり着くのだ。

焦らず悠然と構えることがコツだ。

でも、このままではずっとやせていってしまう、ともあなたは考えたのではないか?

良い習慣を続けて、結果理想の体重になると、理想のコンフォートゾーンに引き寄せられるから、そこで体重が落ち着くので、あとは良い習慣を続けながら体重を維持すればいいだけなのだ。

良い習慣を続けていれば、勝手に理想の体重になった。
っていうのが正しい方法
である。

ダイエットを開始してから、中間目標や一週間後の小目標が自分の中で芽生えるのも理解できる。

その際はその小目標を達成した時に、素直に喜べばいいのだ。その小目標は大変素晴らしいが、達成しなくても落ち込まないでほしい。

考え方としては一ヶ月に2kgを必ずやせるというベースがあり、その中で例えば一ヶ月に6kgやせたとすると4kg貯金ができたと思えばいい。
それだけのことだ。
一ヶ月に10kgやせたならば8kg貯金ができたと思おう。

しかし、既にあなたは悠然とした1ヶ月に2kgの大河の流れに乗っているので、大らかに心を構えてほしい。

そしてそのために何をするべきかを考えてほしいのだ。
良い習慣を継続すること
単純だけど、これに尽きる。

そのためにはあなたの根本的な考え方、メンタルセットを変えなければならないのだ。

考え方さえ変わったら、新しい習慣を構築し実行するなんて朝めし前なのだ。
歯磨きをする習慣を継続するぐらい楽勝なのだ。

あなたのダイエットに役立てれば幸いである。